page_top

学生が手掛けた木製ベンチがJR福知山駅に設置[京都工芸繊維大学]

京都工芸繊維大学

  • [2019/7/10]

 京都工芸繊維大の「地域創生Tech Program」の学生が手掛けた木製ベンチが、3月29日にJR福知山駅に設置された。

 これは授業の一環で、学生たちが「JR福知山駅コンコースの有効活用」という課題に取り組んだ成果だ。JR西日本より「駅中の賑わい作り」というテーマを与えられた学生は、ユーザーアンケートなどの調査を経て、コンコースを地域住民の「くつろぎ・集い」の場にするためのベンチを設計。材料は、地元の伊東木材株式会社の協力を得て、丹州材(中丹地域のスギとヒノキ)を使用した。

 お披露目式の前日には、学生が約8時間かけ、コンコースでベンチの設置作業を行った。木材は、正確にサイズを切り取っていても反りや収縮などの誤差が生じるため、長時間かけて現地で丁寧に組み立てた。式でスピーチを担当した田路健斗さんは、地元の丹州材のみにこだわって作ったことに触れ、「完成してうれしい。多くの人に利用してもらいたい」と語った。ベンチの設置により、住民の滞在機会の少なかった空間が、地域の拠点として賑わう場所へと変わることが期待されている。

記事画像
ベンチは福知山踊りにちなんで「どっこいしょベンチ」と名付けられた

この記事は「螢雪時代(2019年7月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・9月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“京都工芸繊維大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中