page_top

日本語ディベートの国際大会で学生が準優勝などの活躍[九州大学]

九州大学

  • [2019/5/29]

 2月28日から3月2日の3日間、台湾の国立交通大で開催された「日本語ディベート選手権国際大会」に九州大の学生が出場し、凖優勝など数多くの賞を獲得した。

 同大会は、九州大が実施してきた、国際日本語ディベート講座の実績や台湾・韓国のディベート活動を基盤に実現。日本人学生と日本語学習者の外国人学生で混合チームをつくり、与えられた論題について日本語でディベートを行う国際交流プログラムで、日本語の国際的なディベート大会は世界初だった。日本、台湾、韓国、中国から約50名が参加し、8チームを結成。「日本は死刑制度を廃止するべきである。是か非か」を論題に、ディベートを行った。

 同大学から参加した地球社会統合科学府博士後期課程の張小英さんのチームが準優勝し、張さんは最優秀質疑担当者賞を獲得。芸術工学部の樋田昌之さん、21 世紀プログラムの松本崇人さん、光武亨さんがフレンドシップ賞に輝いた。

 同大学の学生は、昨年9月に大学生日本一を決める英語ディベート大会で九州初の優勝、10 月に英語ディベートの国際大会で日本勢初の準優勝に輝くなどの成績も残している。

記事画像
最優秀質疑担当者賞を獲得した張小英さん(右から3人目)のチーム

この記事は「螢雪時代(2019年6月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・8月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“九州大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中