page_top

学生たちがお米を収穫、その活動論文が「ヤンマー学生懸賞論文」で「優秀特別賞」受賞[静岡文化芸術大学]

静岡文化芸術大学

  • [2019/3/22]

 静岡文化芸術大学文化政策学部(文化政策学科)の舩戸修一准教授と学生たちは、浜松市北区引佐町(いなさちょう)の久留女木(くるめき)の棚田での地域連携実践演習「引佐耕作隊」に取り組組み、お米(品種は「にこまる」)を収穫した。このお米は「久留女木 棚田の恵」と名付けられ、静岡県の特産品である「茶」を詰める「缶」に発想を得て「缶」に入れ、2月8日まで同大学の生協と浜松駅近くの和食料理店で販売した。

 久留女木の棚田は、平安時代が起源とも言われ、とくに戦国時代に井伊氏(井伊直虎の祖父)の庇護のもと、開墾が進んだと考えられており、古い歴史と文化を有し、「日本の棚田百選」や「静岡県景観賞」にも選ばれた。しかし、昨今、農家の後継者不足から、耕されなくなる農地が増え、美しい農村景観が崩れ始めているという。
 そこで舩戸ゼミを中心とする「引佐耕作隊」では、水田として棚田を再生していくことを狙いとし、地元農家の協力のもと、2016年から米作り活動に取り組んでいる。

 さらにこの「引佐耕作隊」の活動をテーマとした論文が、2018年度の「第29回 ヤンマー学生懸賞論文」(ヤンマーアグリ主催)で、全国2位の「優秀特別賞」を受賞した。受賞したのは文化政策学科の鈴木晴香さん(3年生:3月現在)、中野七海さん(2年生:3月現在)が執筆した論文「農の『多面的機能』を内部経済化する価値創造モデルの提示-浜松市北区引佐町『久留女木の棚田』における『引佐耕作隊』の事例から-」。
 この論文は、これら活動内容や棚田の地権者への質問紙調査を踏まえ、(1)市場で取引されない「棚田の多面的機能(=環境保全的価値や文化的価値の維持機能)」をいかにして商品化するか、(2)それをいかにして「デザイン」によって商品化するか、を提案としてまとめたもの。この提案は、棚田での米作りを「生産性」や「経済性」でなく、「デザイン」によって「文化」から捉える意義や可能性を強調した点で、同大学の強みを具現化したものといえる。

記事画像
お米「久留米木 棚田の恵」

記事画像
「ヤンマー学生懸賞論文」で「優秀特別賞」を受賞

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“静岡文化芸術大学”の関連記事一覧

特別企画

今月の入試対策

supported by螢雪時代

10月のテーマ
毎月中旬更新

[現役合格へ全力応援!]先輩の合格メソッド大公開

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中