page_top

プログラミング的思考を導くからくり装置づくり講座を実施[浜松学院大学]

浜松学院大学

  • [2019/2/19]

 10月20日に浜松学院大の子どもコミュニケーション学科の島埜内クラス(2年生8名)が小学生を対象に、からくり装置を作成する講座を長上協働センターにて実施した。この講座は平成30年度の同大学と浜松市との連携事業の一環として行われ、からくり装置を設計・作成することで、プログラミング的思考能力を養うことを目的としている。

 プログラミング的思考とは、論理的に考え問題解決を行っていく思考のこと。その考え方を踏まえつつ、今講座ではICT機器やデジタル教材上ではなく、実際に手を使い、さまざまな素材を加工しつつ試行錯誤しながらよりよい組み合わせを考える形式の実践となった。

 当日は小学4~6年生の計16名が参加。前半では、コルクボードを一人に1枚配布し、その上でビー玉をスタートからゴールに運ぶための道づくりを一人ひとりが行った。後半では、4名一組となり、前半にコルクボード上で作成した装置をスタートとし、トイレットペーパーの芯やトレイでできたパーツを経由してビー玉をゴールまで運べるよう作戦会議をしながら作成。子どもたちの多彩な発想が、からくり装置として完成した。

記事画像
「子どもの興味を導入から引き出すことで、その先の作業が楽しくなる」など、参加した学生は多くの気づきを得たようだ

この記事は「螢雪時代(2019年1月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“浜松学院大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中