page_top

北陸最大級の技術展示会に研究の成果を出展[福井県立大学]

福井県立大学

  • [2019/2/7]

 福井県産業会館で10月25、26日の2日間、北陸最大級の総合技術展示会「北陸技術交流テクノフェア2018」が開催され、福井県立大の地域連携本部がブースを出展。研究活動を紹介する教員のほか、学生もサポートスタッフとして参加した。

 ブースでは、経済学部、生物資源学部、海洋生物資源学部の特色ある研究活動を紹介。来場者に「体験」してもらえるブースをめざし、イネ科の穀物「ソルガム」を使用したグルテンフリーのパンや品種改良により開発した米の試食のほか、モニターに向かって2人が笑顔を向けることで顔認証システムが起動し、お菓子の入った箱が開く仕掛けの職場内コミュニケーション活性化ツール「可笑し箱」を展示するなど、体験を通じて来場者に研究成果をアピールした。サポートスタッフの学生は、「説明する側になってみて初めて伝えることの難しさを知った」と話しており、貴重な経験になったようだ。

 また、福井県立大のOGである福井県あわら市の農業者とのコラボで開発した、新たな手土産スイーツ「ふくいトマト水ようかん」も紹介。大学が開発した新品種トマトのドライトマトもトッピングされており、試食した多くの来場者から好評を得た。

記事画像
福井県立大では、今後もこうした出展などを通して積極的に研究活動を発信していく

この記事は「螢雪時代(2019年1月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“福井県立大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中