page_top

伝統の二上りおどり大会に福山市立大学連が出場[福山市立大学]

福山市立大学

  • [2019/1/25]

 福山夏まつり2018が8月13~15 日に開催され、初日の二上りおどり大会に福山市立大学連が出場した。

 広島県無形民俗文化財である二上りおどりは、江戸時代中期から3世紀にわたって続く福山の伝統芸能。気品と哀調を含んだ三味線の独特のリズムに合わせ、四ツ竹を鳴らしながら踊る。

 同大学では、共通教育科目(選択)に『健康・スポーツⅡB(二上りおどり)』を開講。学生らは、戦火を乗り越えて踊り継がれてきた二上りおどりから、踊りの所作だけではなく福山の風土や歴史などの文化的・社会的側面についても学んでいる。

 二上りおどりの演舞は今年から、2022年に築城400年を迎える福山城でも行われることになり、福山城→きたはま通り→中央公園・ひさまつ通りを経てフィナーレを飾る総踊りに大学連として総勢約50名が参加。履修学生をはじめ、既習者、教職員、前身の短大時代より続く公開講座への参加市民を含めた踊り手に、後方支援の学生・教職員が加わった。

 沿道から称賛の声が上がるなど、学習の成果を体全体で表現する学生らの踊りは、目の肥えた市民からも評価される質の高いものだった。参加した学生は「この踊りを継承し、素晴らしさや可能性をもっと多くの人へ伝えていきたい」と話した。

記事画像
二上りおどり大会における、市民から福山市立大への期待と応援は年ごとに高まっているという

この記事は「螢雪時代(2018年12月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

螢雪時代 【定期購読】のご案内

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

★月刊誌「螢雪時代」は毎号それぞれをご購入いただけますが、年間を通じてご希望の場合は『定期購読』をお勧めいたします。
年間・10か月以上(2020年3月号までの範囲で継続)の購読をお申し込みいただくと、 素敵なプレゼントも進呈!

月刊誌「螢雪時代」は大学選びのための大学情報・入試情報と、合格するための学習方法を毎号満載し、志望校合格をめざす受験生を強力にサポートします。
6月7日までの予定で、ステキなプレゼント付きの『定期購読キャンペーン』を実施中です!

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“福山市立大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中