page_top

学生有志と地元小学生が和寒町産の野菜を販売[旭川大学]

旭川大学

  • [2019/1/16]

 和寒町教育委員会と旭川大教職課程の学生有志が9月8日、旭川買物公園通りにある「まちなかぶんか小屋」で、和寒町の小学生16 名とともに和寒町産の野菜を販売した。

 この活動は「野菜の直販を通じて、生まれ育った和寒町の魅力を感じる」ことを目標としており、昨年に続いて2回目の開催となった。当日は午前8時から和寒町の西川農園で、学生が野菜を収穫。午後1時頃に小学生を交えて販売を開始した。

 小学生は入れ替え制で、販売するグループと学生からレクチャーを受けるグループに分かれた。レクチャーでは学生が作成したパワーポイントを用い、販売する野菜や接客方法について、クイズなども織り交ぜながらわかりやすく解説。野菜販売では、トマトやかぼちゃ、甘とうがらし、米、バジルなど、さまざまな野菜を約40名の地元民に提供した。

 参加した学生は「子どもたちはこれから進学や就職で町を出ることもあるかもしれません。しかし、生まれ育った和寒のことを心に留めておいてくれれば嬉しいです」と思いをつづっている。

記事画像
学生と小学生が一緒に買物公園通りを周って宣伝した効果もあり、約40名が地元産の野菜を買い求めた

この記事は「螢雪時代(2018年12月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“旭川大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中