page_top

ヘルスツーリズム研究会が県民の健康問題解決に貢献[島根県立大学]

島根県立大学

  • [2019/1/15]

 島根県立大のヘルスツーリズム研究会では、県民の健康問題解決への貢献を目的として、同大学が有する研究・教育機能を用いてヘルスツーリズムの開発と実施を行っている。 その一環として、8月23 日に「第1回糖尿病患者さんのためのヘルスツアー」を開催した。

 このツアーは、糖尿病の自己管理をしている人を対象として、島根県内の豊かな地元の資源を活用したプログラムを通して「心」と「体」をリフレッシュすることを目的としたもの。健康チェックとともに、ストレスに関する講話や、同大学の健康栄養学科教員が監修した600キロカロリーのオリジナル昼食、地元の特色の体験を、同研究会がプログラムした。

 当日は、島根県安来市広瀬町を訪問。「富田山荘」で自律神経や気分状態について健康チェックを行い、普段の生活について全員で語り合った。さらにオリジナル昼食を食べながら、食品交換表の単位を示した献立をもとに食べ方のポイントを確認。その後、広瀬絣で有名な「天野紺屋」で藍染め体験を行った。

記事画像
参加者に好評だったこのツアーは、11月15日に第2回の開催が予定されている

この記事は「螢雪時代(2018年12月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“島根県立大学”の関連記事一覧

特別企画

今月の入試対策

supported by螢雪時代

10月のテーマ
毎月中旬更新

[現役合格へ全力応援!]先輩の合格メソッド大公開

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中