page_top

学生が国際会議に参加。タイで国籍を超えて課題共有[佐賀大学]

佐賀大学

  • [2019/1/11]

 佐賀大の松尾咲弥佳さん(農学部3年)、石橋明寿香さん(同)、木原優さん(同)、菊池彩乃さん(教育学部3年)の4名が、協定校であるタイのチェンマイ大で7月17日に開催された国際会議「The 2nd UUM-CMU-USM International Student Conference 2018」に参加。個人ポスタープレゼンテーションやグループによる口頭発表を行い、海外の学生と意見交換をした。

 この会議は、第4次産業革命に関する各国の知識や経験について学生が国境を越えてともに学び、可能性や課題を共有することを目的として開催された国際会議・研修プログラム。日本から唯一の参加となった4名は、グループでの口頭発表において「Utilization of Industry 4.0 against aging society」と題し発表。日本社会が直面する少子高齢化問題に関連し、農業、医療、教育、ペット産業の観点からIoTなどの先端技術の導入事例を報告した。

 会議には、同大学の学生以外にウタラマレーシア大・マレーシアサインズ大・ダナン外国語大の学生らが参加。佐賀大の4名は4日間、東南アジアの学生とともに研修を行った。

記事画像
国際会議に参加した佐賀大の学生

この記事は「螢雪時代(2018年12月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“佐賀大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中