page_top

情報学部の学生が1年間の研究成果を発表 [文教大学]

文教大学

  • [2018/12/26]

 12月15日(土)文教大学湘南キャンパスにて毎年恒例のプロジェクト演習合同成果発表会が行われた。
 「プロジェクト演習」は情報学部情報システム学科の学生が5~6人で1チームとなり、各チームで検討した社会的課題を解決するための情報システムを学生自らがプロジェクトとして立案、計画、制作することでシステム開発やコンテンツ制作を実践的に学ぶという問題解決型のユニークなカリキュラムだ。これまでに制作されたコンテンツの中には「東京ゲームショウ」などのイベントに出展された作品もある。

 今年で10周年を迎える今回のプロジェクト演習合同成果発表会では、33チームの学生グループが参加。約1年を通し苦心してつくりあげたコンテンツの発表、展示を行った。今年の特徴としてはドローンやVR、顔認識などの最先端技術を利用したコンテンツの他、小学生へのプログラミング教育をテーマとするグループが多かった。

 当日は学生のみではなく企業の技術者や採用担当者も多数訪問、各チームの展示を興味深く見学していた。
 発表した学生に苦労した点や課題となった点を直接聞けることや、学生にとっては経験豊富な企業の技術者からのアドバイスや新たなアイディアを得られるコミュニケーションの機会であることが、プロジェクト演習合同成果発表会が好評である理由の1つではないだろうか。
 会場は大勢の参加者で非常に活況であった。

記事画像
制作したサーフィンシュミレーターをデモンストレーションする学生

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・9月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“文教大学”の関連記事一覧

特別企画

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中