page_top

自治体と連携でイベント企画。学生が地域資源活用を模索[鹿児島国際大学]

鹿児島国際大学

  • [2018/12/18]

 鹿児島国際大の学生が、同大学が日置市との間に結んでいる包括連携協定に基づくフィールドワークとして、大汝牟遅(おおなむち)神社で研修を行った。

 今回の研修は、来年度に日置市が予定している島津義弘没後400年記念事業の一環。「戦国島津」に関連したイベントの企画や新たな観光ルートの設定に向けて、地域資源の事前調査をすることを目的に実施した。

 当日は、日置市役所吹上支所の案内を受けて大汝牟遅神社の境内を巡った。学生は、ご神職からの説明を興味深そうに聞いたり、神社に伝わる参拝を実践してご神木に触れてみたりしていた。大汝牟遅の神が杖で突いた場所から誕生したとされる千本楠も見学。クスノキの枝が、龍が地を這うように繁茂し、まさにパワースポットともいえる独特な空間で、神秘的な景観を目の当たりにした。

 学生たちは、今回の研修を踏まえ、来年度の記念事業に向けて、大学生の視点からの企画や、地域資源の活かし方を考えていく。授業を担当する国際文化学部国際文化学科の太田秀春教授は「今回の研修ではご神職の説明もあり、学生たちは興味津々だった。学生が研修で感じたものを、より多くの人に感じ、知ってもらえるような企画ができれば」と話した。

記事画像
大汝牟遅神社の御神木に手のひらを当てる学生ら

この記事は「螢雪時代(2018年11月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“鹿児島国際大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中