page_top

学生が地元のイベントでオリジナルの弁当を販売[山形県立米沢栄養大学]

山形県立米沢栄養大学

  • [2018/10/16]

 7月7日に米沢市の伝国の杜前広場で開催された「おしょうしなマルシェ」に、山形県立米沢栄養大の学生と教員が参加。学生がメニューを考案した「適塩弁当」の販売と、学生が作成した「米沢牛料理レシピ集」の配布などを行った。

 「おしょうしな」は、山形県南部の置賜地方の方言で「ありがとう」を意味し、このイベントでは米沢市と川西町のさまざまな食品や産業製品、工芸品などが出店される。そのうちの一つとして「適塩弁当」を販売した。

 同大学では、減塩のための情報提供や食環境づくりの一環として、「適塩弁当」の開発に取り組んでいる。学生が中心となって試作と検討を繰り返し、レシピを考案。プロジェクト参画機関によって「適塩弁当」として商品化し、その弁当を地元の協賛スーパーで販売している。

 今回のイベントでも多くの来場者が関心を示し、弁当は早々に売り切れるなど好評だった。参加した学生は「減塩プロジェクトの取り組みを米沢の方々に知っていただく機会になり、よかったです」と話した。

記事画像
「おしょうしなマルシェ」当日は、時折雨がぱらつく天気だったが、「適塩弁当」は早々に売り切れた

この記事は「螢雪時代(2018年10月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“山形県立米沢栄養大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中