page_top

発見と感動を見つける科学実験イベントを開催[福井工業大学]

福井工業大学

  • [2018/10/9]

 福井工業大では、子どもたちに科学実験を通じて科学の楽しさを身近に感じてもらうことを目的に、科学実験キャラバンを開催している。この催しは、幼稚園・保育園や児童館、公民館、小学校、イベントスペースなどを会場に、年間で25 ~ 30 回程度実施している。6月23日には福井市の豊公民館にて開催され、子どもたちと保護者を合わせて38名がイベントに参加した。

 当日は環境情報科学部環境・食品科学科の教員が講師となり、実験補助として学生6名がサポート。「食品サンプルをつくろう」と「人工イクラをつくろう」の2つのメニューを実施。参加者は2つのグループに分かれ、交互にメニューを体験した。

 「食品サンプルをつくろう」では、天ぷらのサンプルづくりにチャレンジ。エビ・カニ・野菜などのサンプルに思い思いの色を付け、衣を学生スタッフのアシストによって巻いていった。本物そっくりの仕上がりに参加者は笑顔を見せ、中にはチョコレートの天ぷらなど変わり種のサンプルをつくる人もいた。「人工イクラをつくろう」では、海藻の粘り気の成分を粉末にしたものを使用。人工イクラや人工イクラソーメンなどができ上がった。普段のイクラの朱色だけでなく、紫色や水色のイクラもでき、場内には歓声があがっていた。

記事画像
「空気砲」や「コチコチ魔法の水(液体窒素)」など、豊富な実験メニューが準備されている

この記事は「螢雪時代(2018年9月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“福井工業大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中