page_top

近隣商店街の夏祭りに向けて今年も商品開発部が活動中[高知工科大学]

高知工科大学

  • [2018/10/2]

 昨年、高知工科大の商品開発部の学生らが、永国寺キャンパスのほど近くにある高知市愛宕商店街と協力して20年ぶりに復活させた夏祭り「あたごフェスティバル」。2年目の開催に向け、今年も学生らが中心となって準備を進めている。

 商品開発部は、経済・マネジメント学群の学生58名で構成され、主に3年生を中心に活動。2年生以上を入部対象としており、大学で学んだマネジメント、マーケティング、社会心理学などを生かし、高知の地場産業などから新しい付加価値を生み出すことを目的としている。

 6月19日には、愛宕商店街でフィールドワークを実施。同部の代表が、今年入部した2年生に商店街の様子やイベントの会場となる場所、商店の情報について説明しつつ、商店街の人々にあいさつをしながら現地を見て回った。その後、率直な感想や気づき、さらにイベントの際にしたいこと、当日の商店情報の伝え方、ゴミ箱の設置、交通整備、子ども目線での考え方などについて、意見交換を行った。部員らは、昨年度の体験や反省点を踏まえ、祭りをさらに発展させるべく日々努めている。

 愛宕商店街振興組合の小野理事長は「人の出入りが生まれ、店主たちも元気をもらっています。学生たちが自ら企画し、主体的にかかわってくれることが嬉しい」と、学生らの活動を支援し、エールを送っている。

記事画像
大勢の人でにぎわった昨年のあたごフェスティバル。今年は8月19日に開催予定

この記事は「螢雪時代(2018年9月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

螢雪時代 【定期購読】のご案内

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

★月刊誌「螢雪時代」は毎号それぞれをご購入いただけますが、年間を通じてご希望の場合は『定期購読』をお勧めいたします。
年間・10か月以上(2020年3月号までの範囲で継続)の購読をお申し込みいただくと、 素敵なプレゼントも進呈!

月刊誌「螢雪時代」は大学選びのための大学情報・入試情報と、合格するための学習方法を毎号満載し、志望校合格をめざす受験生を強力にサポートします。
6月7日までの予定で、ステキなプレゼント付きの『定期購読キャンペーン』を実施中です!

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“高知工科大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中