page_top

学生が商店街活性化のために子ども向けイベントに参画[中部学院大学]

中部学院大学

  • [2018/8/27]

 中部学院大学の人間福祉学部の2・3年生9名が、岐阜県関市の昨年から本町通り商店街で開催されている「子どもミュージアム商店街」に参画した。同学部は普段から地域と連携してさまざまな取り組みを行っていることから、今回、関市役所からの呼びかけがあり、同市の「まちづくり市民会議」の企画の一環として行われるイベント企画に参加することとなった。

 このイベントは、子どもを対象としたイベントを同商店街の各店舗で実施し、活性化を図ることを目的としている。学生は関市役所の担当職員とともに企画立案を行う。7月7日の開催に向け、6月の企画会議初日には、商店街の12店舗を学生が1名ずつ訪問。店主と交流しながら情報交換をし、各店舗で可能なイベントを考えるためのヒアリングをした。

 商店街にある「本町プラッツ」で地域住民や市職員を交えての企画会議が行われ、収集した情報をもとに催し物の内容が再検討された。

 学生たちは、子どもたちが心から楽しめるような企画を考えることを通じて、生きた地域福祉行政を学んだようだ。

記事画像
皆で知恵を絞り、子どもたちを喜ばせる催し物を提案・検討した

この記事は「螢雪時代(2018年8月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“中部学院大学”の関連記事一覧

特別企画

今月の入試対策

supported by螢雪時代

10月のテーマ
毎月中旬更新

[現役合格へ全力応援!]先輩の合格メソッド大公開

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中