page_top

新入生が伏見稲荷大社で外国人に観光意識調査を実施[京都外国語大学]

京都外国語大学

  • [2018/7/26]

 京都外国語大学では新入生がスムーズに大学に馴染めるように行う「新入生オリエンテーション」の中で、各学科がそれぞれの個性を生かし、学内外で学修の説明やレクリエーションなどを実施している。

 2018年4月に開設した国際貢献学部グローバル観光学科では、4月9日に千本鳥居で有名な世界遺産である伏見稲荷大社で、フィールドワークを行った。

 その内容は、訪れた外国人観光客に英語でインタビューを行うというもの。同学科の新入生たちは、いくつかのグループに分かれ、伏見稲荷に来た理由や伏見稲荷をどこで知ったかなど、観光意識を調査した。

 インタビューを行った学生らは、「自分の英語が伝わって自信になった!」「メキシコ人と仲良くなって、少しスペイン語を教わった!」などと興奮気味に感想を語った。それと同時に、「会話が続けられない」「どうしたら話を聞いてもらえるのだろう」といった、インタビューや外国語でのコミュニケーションの難しさも痛感し、学習意欲の高まりとともによい経験を得たようだ。

記事画像
初めての英語インタビューにドキドキする新入生たち

この記事は「螢雪時代(2018年7月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“京都外国語大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中