page_top

JR大宮駅と学生が共同開発 アイデアお弁当が商品化[埼玉大学]

埼玉大学

  • [2018/7/24]

 埼玉大学の学生とJR東日本大宮駅構内商業施設のエキュート大宮のショップ「イーションベジプラス」が共同開発したお弁当が商品化、3月17日から4月中旬まで同ショップで販売された。

 お弁当の原案レシピを考案したのは、同大学教育学部の髙橋さんと河口さん(平成29年度卒業)。栄養学に関する授業の中で“春を先取り!桜色カワイイ行楽弁当”をテーマにしたレシピの課題が出され、80名のアイデアの中から選定された。その後、レシピ案を上野茂昭准教授ゼミナール大学院生の吉山さんと矢口さんが試作。改良点など学生目線の意見を取り入れ、イーションベジプラスが商品化した。

 完成したのは、「トマトクリームの焼ペンネとべジDELIの彩りアソート~埼玉県産トマトベリーを添えて~」。焼ペンネを主食に、野菜を豊富に使用した彩り豊かなプレートで、埼玉県産で希少価値の高いトマトベリーも味わうことができる。

 エキュート大宮とJR東日本大宮支社は、2017年4月から同大学教育学部家政教育講座食品学研究室(上野茂昭准教授)と埼玉県産の食材を使用する地産地消に取り組んでおり、今回の商品化は第2弾となる。

記事画像
お弁当のレシピ案を考案した髙橋さん(左)と河口さん(右)

この記事は「螢雪時代(2018年7月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“埼玉大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中