page_top

新しい美術品鑑賞教材に「さわるコレクション」製作[京都教育大学]

京都教育大学

  • [2018/7/10]

 京都教育大学の美術科の学生・教員と京都国立近代美術館の研究員が協力し、美術館の所蔵作品の内容をさわって鑑賞することができるツール「京都国立近代美術館 さわるコレクション」を製作した。

 この「さわるコレクション」の製作は同美術館が昨年度より進めている「感覚をひらく―新たな美術鑑賞プログラム創造推進事業」の一環で、同大学も当事業に協力団体として参加している。

 「さわるコレクション」は、作品の図版(写真)と作者名、制作年等の基本情報を印刷した紙製ファイルの中に、作品の内容をさわって確かめることができる図(触察シート)、そして作品の色味や構図、つくり、感じ取れる内容など、鑑賞の手がかりを織り込んだ文章を点訳してエンボス印刷した「点字シート」が入ったツール。今回は、同美術館の所蔵品の中から、洋画・日本画・工芸作品を1点ずつ選び、製作した。

 今後もこのツールを継続的に製作、全国の盲学校やライトハウスなどに発送し、新しい鑑賞教材として楽しんでもらうことをめざしている。

記事画像
触察シートの印刷には、各作品の表現方法にあった技術を選択。それぞれ異なる手触りになっている

この記事は「螢雪時代(2018年7月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“京都教育大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中