page_top

大学生が小学生を招いてワークショップを開催[関西学院大学]

関西学院大学

  • [2018/6/27]

 2月17日、関西学院大学の教育学部、理工学部、総合政策学部の学生が、西宮聖和キャンパスのラーニングコモンズ「リプラ」でプログラミングや国際問題について学べるワークショップ「アカデミックディ」を、地域の小学生を対象に行った。

 プログラミング体験は、ビジュアルプログラミング言語「Scratch」を使用し、昔話をもとにオリジナルのショートムービーを作成。参加した小学5、6年生14名は、一人ひとりが真剣なまなざしでパソコンの画面に向かい、約70分間かけて力作を完成させた。

 国際理解教育には、小学1年生から6年生29名が参加し、難民について学ぶことができる体験型のワークショップを通じて、国際問題を考えた。簡単なゲームを取り入れ、小学生たちでも楽しく学べるように工夫をしたことで、参加者は初対面でもチームで協力しながら、最後まで集中して取り組めたようだ。

 参加した学生は「小学生の立場に立って企画をつくっていくことが大切だと感じた」とコメント。会場は小学生らの笑顔や元気な声で活気にあふれ、運営した学生らにとっても多くの学びがあったようだ。

 同大学は今後も、このような地域の方々が参加できるイベントを開催していく予定とのこと。

記事画像
プログラミング体験では、シンデレラや三匹の子豚、桃太郎などの昔話をベースにショートムービーを作成

この記事は「螢雪時代(2018年6月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・9月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“関西学院大学”の関連記事一覧

特別企画

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中