page_top

被災地の支援を目的としたチャリティーマーケットを開催[美作大学]

美作大学

  • [2018/6/15]

 美作大学のボランティアセンターが、東日本大震災と熊本地震の被災地を支援するチャリティーマーケットを3月11日に開催した。このイベントは、震災の記憶を風化させないようにしたいという思いにより、2011年の東日本大震災後から継続して毎年実施している。

 会場となった体育館には、フリーマーケットの出店のほか、段ボールと新聞紙のみで作るスリッパ作成のコーナー、少ない材料で作れる蒸しパン実演のコーナー、さらには鯉のぼりに応援メッセージを書いてもらうコーナーも設置。震災で亡くなった子どもたちを追悼する「青い鯉のぼりプロジェクト」に参加する学生らの呼びかけで、来場者らは長さ約5メートルの鯉のぼりに被災地へのメッセージを書き込んだ。

 ボランティアセンター学生スタッフは「チャリティーマーケットを通して、地域の方や学生に被災地や震災に対する関心が少しでも深まればと思います」と話した。なお、今回の収益は、東北の『青い鯉のぼりプロジェクト』と熊本の『南阿蘇復興支援センター』に寄付される。

記事画像
今年で11回目となったチャリティーマーケット。初めて、東日本大震災のあった3月11日に開催された

この記事は「螢雪時代(2018年6月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・7月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“美作大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中