page_top

玉露のうまい淹れ方全国大会で学生が優勝[同志社女子大学]

同志社女子大学

  • [2018/6/13]

 同志社女子大学まちづくり委員会で玉露PRにかかわる学生6 名が、2018 年2月12 日、京都市で開催された「第12回全国玉露のうまい淹れ方コンテスト京都府大会(全国大会)」に参加した。

 全国各地の予選会を勝ち抜いた5名を含む計105名が参加した同大会。1回戦と準決勝では、参加者は5人一班に分かれて玉露を淹れ、別の班が淹れた玉露を参加者自身も評価する方式で競技が行われた。決勝戦では、準決勝を勝ち抜いた5名が淹れた玉露を日本茶鑑定士など5名の審査員が判定した結果、現代社会学部社会システム学科2年の青木奈央さんが優勝し、日本一の座に輝いた(学年は受賞当時)。

 お湯の温度や手順を確認しながら、丁寧に淹れた青木さんの玉露は、京田辺玉露らしい乳白色の水色に、雑味のない濃厚なうま味が引き出されている点が高く評価された。

 青木さんは「まさか自分が優勝できるとは思っておらず、驚きました。これからも玉露のPRを進めていきたい」と喜びを語った。

記事画像
今回の全国大会に参加した「まちづくり委員会」で玉露PRにかかわる学生6名

この記事は「螢雪時代(2018年6月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・7月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“同志社女子大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中