page_top

学生と企業の共同研究から生まれた2種類の弁当を販売[広島大学]

広島大学

  • [2018/5/28]

 広島大学大学院教育学研究科の学生・教員と、オタフクソース株式会社が共同研究に取り組み、考案したメニューの弁当が、株式会社SPARKの各店舗で3月22日に発売された。この共同研究による弁当は、「団らんに導く健康・安全・安心な弁当の食品研究、メニュー企画、人材育成等を連携して行うこと」を目的に、昨年10月に第1弾が発売され、2か月で10,000パックを販売。今回は第2弾となる。

 今回の弁当も、第1弾の弁当のコンセプトと同様に、「Healthy(健康にやさしい)」「Happy(楽しい、嬉しい)」「Harmony(みんなで団らん)」「Hiroshima(広島の食材を使用)」「Home economics(家庭科の学びにつながる)」を表す5Hに基づいて企画。広島大学の教育学研究科人間生活教育学専修の大学院生と人間生活系コースの学部学生がオタフクソース株式会社の製品を活用し、バランスを重視した「広島発見! 玉手箱弁当」と、量を重視した「ボリューム満点! 満ぷく弁当」の2種類を考案した。

 初めに広島県内の全18店舗で月間5,000パックが販売され、その後も継続的に販売される予定だ。

記事画像
弁当の販売に先立ち、3月20日には大学でお披露目会を開催。学生は商品化に至るまでの経緯を説明した

この記事は「螢雪時代(2018年6月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“広島大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中