page_top

日本版NCAA創設に向けて「大学スポーツの未来」を語る

明治大学

  • [2018/2/6]

 2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けてスポーツへの関心が高まる中、明治大学で「大学スポーツの未来」をテーマにしたシンポジウムが1月30日に行われた。

 まず、スポーツ庁・鈴木大地長官が基調講演を行い、全国の大学を視察した報告や平成30年度中の創設をめざす日本版NCAA(※)の理念やビジョンを説明。「高校生アスリートのためにも、日本の大学がより魅力的になっていかなくてはならない」と期待を込めた。
 続けて、スポーツ庁・仙台光仁参事官、明治大学・土屋恵一郎学長、明治大学・池田純学長特任補佐によるパネルディスカッション。アメリカのカレッジスポーツとの比較を交えて、日本の大学スポーツの課題や展望を議論した。土屋学長は「すべてのスポーツはグローバルな世界共通言語。社会における大学の役割を考え、明治大学が日本のカレッジスポーツをリードしていきたい」と抱負を語った。

 これからの明治大学の取り組み、日本版NCAAの展開が注目される。

 ※ NCAA… National Collegiate Athletic Association=全米大学体育協会

記事画像
基調講演を行う鈴木スポーツ庁長官

記事画像
行政、大学の現場から大学スポーツを展望

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・9月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“明治大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中