page_top

ソーラーカー世界大会 総合第4位を獲得[東海大学]

東海大学

  • [2018/1/26]

 東海大学のソーラーカーチームが、10月8日から15日にかけて開催された「2017ブリヂストン・ワールド・ソーラー・チャレンジ」で総合4位を獲得した。同大会は、太陽光のみを動力源として、オーストラリアのダーウィンからアデレードまで、総延長約3,000kmを総走行時間で競うソーラーカーレースで、今回で14回目を迎える。

 レースには、新たに製作した2017年型「Tokai Challenger」で参戦。学生らは、連日オーストラリアの地にキャンプを張り、ドライバーのほか、ソーラーカーを整備する電気班や機械班などで参加した。同機は、レース5日目の12日14時48分、観衆の拍手に迎えられつつ、長大なコースを4位で完走。チームマネージャーの武藤創さん(工学部動力機械工学科2年)は、「とにかく、ゴールできたことに興奮しています。しかし、この結果には『まだまだより良いチームをつくらなくてはならない』という気持ちです。活気のあるチームをこれからも仲間たちと一緒につくっていきます」とコメントした。

 同チームは、ほかにも数多くのソーラーカー世界大会に参加し、優勝などの実績を積む一方、近隣の小学校児童を対象にした「エコカー教室」などを実施している。

記事画像
充電を終え、スタート位置に向かうソーラーカーと学生たち

この記事は「螢雪時代(2018年1月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“東海大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中