page_top

富士山で水の大切さを学ぶイベントを開催[常葉大学]

常葉大学

  • [2018/1/23]

 常葉大学の山田辰美教授とビオトープ研究会、自然体験活動研究会の学生が企画と指導を担当したユニークな環境教育イベントが8月24日に開催された。この催しは同大学の富士キャンパスとユニー株式会社、静岡県環境政策課との共催で、静岡県各地から集まった親子20組が製紙工場や富士山で環境学習を行うもの。子どもの環境マインドを育成することを目的に産学官協働で実施されており、今回が6回目となる。

 当日は、まず丸富製紙工場(富士市)の工場で、持参した紙パックが大量の水を使ってリサイクルされることを見学。次に、世界遺産富士山の構成要素である「白糸の滝」の広場で、水と富士山に関する学習を楽しんだ。地球を描いたビーチボールを投げ合って、海の割合を確かめたり、富士山の湧水の一滴が次々に変身して地球上を巡る「驚異の旅」や、富士山に降った雨や雪が周辺に湧き出すまでの年月をモデル実験で確かめたりした。

 リーダーを務めた学生は「はじめ尻込みしていても、次第にのめり込んでくる子どもの反応がうれしい。毎回反省会を行い、子ども達によりわかりやすく、より楽しく、より感動を与える活動にするよう努めている」とコメント。今後の開催にも意欲を見せた。

記事画像
富士山の雨水貯蓄モデル実験の様子

この記事は「螢雪時代(2018年1月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・9月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“常葉大学”の関連記事一覧

特別企画

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中