page_top

植物と触れ合いながら学べる実験教室を開催[京都府立大学]

京都府立大学

  • [2018/1/9]

 京都府立大学と京都府立植物園の共催で、植物と触れあいながら植物の不思議を学ぶことができる「植物園カフェ『2017植物園実験教室』」が開催されている。

 このイベントは、小中高校生や一般の方に、植物のおもしろさや研究の楽しさを体験してもらうことを目的としており、植物園を研究フィールドにすることで、他では体験できないユニークな経験をすることができる。参加料は無料。

 2016年8月に催された第1回では、3日間で計8種の実験教室を同時開催した。葉緑素の分析、顕微鏡での植物観察、化石の花粉の解析、植物園の虫や鳥の観察など幅広い内容で実施され、のべ参加人数は173名だった。

 今年度は計3回実施される予定で、初回となる第2回は11月19日に「ドングリを観察してみよう」というテーマで開催。第3回は「タネの不思議~見る、観る、触る、投げ上げる~」をテーマに、12月3日に開催。そして今年度最後となる第4回は「野菜DNAバーコード解析」をテーマに、2018 年2月17日に京都府立大学にて開催される予定だ。

 定員は16名で中学生以上を対象としており、事前申し込みが必要となる。詳しくは大学ホームページを参照のこと。

記事画像
2016年度に開催された第1回教室の様子

この記事は「螢雪時代(2018年1月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“京都府立大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中