page_top

県大子どもサポーターとして子どもたちを支援[福岡県立大学]

福岡県立大学

  • [2017/12/5]

 福岡県立大学の不登校・ひきこもりサポートセンター(以下、センター)では、学生が「県大子どもサポーター」となり、不登校やひきこもりなどの問題を抱える子どもたちを専門に支援する活動を行っている。

 学生はまず1年次に「不登校・ひきこもり援助論」の授業を受けたあと、サポーターに登録。サポーターは授業の合間に、同センターの「キャンパススクール(大学内のフリースクール)」や「キャンパスキッズ(子どもたちとサポーターが一緒に活動するプログラム)」、また学校での支援活動や地域の子どもたちの学習支援を行うほか、キャンプなどのイベントにも参加している。こうした活動を通して、子どもたちの未来をサポートしていくとともに、学生たちは高い援助力や対人スキルを身につけた専門職として成長することができる。

 今年6月には、「和き・合い・愛キャンプ」(福岡県立社会教育センター主催)にも参加。特別支援学校に通う児童生徒たちと農業体験や南蔵院ハイクなどに取り組み、講義では学べない体験を積み重ねている。

記事画像
同大学の学生の約4分の1がサポーターとなっており、学生は「自分自身が成長させてもらっていると実感できる」などと話している

この記事は「螢雪時代(2017年12月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“福岡県立大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中