page_top

学生が福島県川俣町のシャモ祭りに参加協力[近畿大学]

近畿大学

  • [2017/11/17]

 近畿大学では、東日本大震災の被災地復興支援を目的に、包括連携協定を提携している福島県川俣町で行われる「川俣シャモ祭り」に学生が参加し、子どもたちが化学実験や工作などを体験できる催しを開催した。

 このイベントへの参加は、“オール近大”川俣町復興支援プロジェクトとして、東日本大震災に伴う原発事故により、一部が計画的避難区域に指定された川俣町の早期復興を支援することを目的としている。川俣町は平成29年(2017年)3月に避難指示が解除されており、同大学はさらなる復興と発展に向けて協力体制を強めるため、同年5月に締結した協定の一環として実施した。当日は学生31名が参加し、「プラ板作り」「スーパーボール作り」などの化学実験・工作のほか、「記念撮影コーナー」「落語」「漫才」などを実施、来場した子どもたちは思い思いの時間を楽しんでいるようだった。

 同プロジェクトは既存のブランド化された農畜産物や文化事業を生かした復興・産業振興だけでなく、13学部48学科を擁する総合大学としての研究力を生かし、除染・心身ケアに対しても支援を続けている。

記事画像
「世界一長い川俣シャモの丸焼き」にも挑戦した

この記事は「螢雪時代(2017年11月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“近畿大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中