page_top

大学生が高校生と一緒にブルーベリー収穫を体験実習[宮崎大学]

宮崎大学

  • [2017/11/15]

 去る7月、宮崎大学農学部の國武久登教授が担当する「地域デザイン概論Ⅰ」のブルーベリー収穫体験実習が、国富町のブルーベリー圃場で行われた。

 「地域デザイン概論Ⅰ」は、地域の価値創造について講義と現地実習で学び、地域活性化のための発想力や実行力、発信力を身につけることをめざした授業。今回の体験実習には、受講生やボランティアの学生に加え、宮崎県立本庄高校で「チームブルーベリー」として活動している2、3年生も参加した。

 宮崎の素材を活用した事業を体験実習するということで、参加者たちはお茶専用に育てられたブルーベリーの葉を手摘みで収穫し、自分たちの手で製茶機に入れる作業を行った。また収穫後は、「『食』を通して新たな産業(商品)を創造する策を練る」というテーマで、ワークショップを実施。高校生、大学生、教員の混合グループに分かれてアイデアを話し合い、農作物栽培ゲームアプリの制作やブルーベリーの収穫体験ツアー、ブルーベリーなどの畜産飼料への活用など、魅力的な提案が発表された。

 参加した学生は「アイデア次第では、どのような角度からでも宮崎の地域活性に貢献できることがわかり、就職への視野が広がりました」とのことだ。

記事画像

この記事は「螢雪時代(2017年11月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“宮崎大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中