page_top

栽培から加工までを手がけた「たまねぎドレッシング」[九州産業大学]

九州産業大学

  • [2017/10/30]

 九州産業大学経営学部産業経営学科事業開発コースの学生チーム「farm3.0」が作った「たまねぎドレッシンング」が、今年も学内や市内の店舗で販売された。

 「farm3.0」は、授業の一環として平成23年からNPO法人循環生活研究所などと連携して、無農薬の循環型農業で作物を生産。平成25年からは収穫した玉ねぎを使ってオリジナルドレッシングを作り、販売している。農作物の生産から製品化、販売までを一貫して行う6次産業を体験する活動で、学生は開墾、玉ねぎの栽培、収穫、ドレッシングの加工など、全工程を自分たちで行う。

 無農薬、無添加をポリシーに作ったドレッシングは、安全・安心で美味しいと好評で、地域の方からは「地元に貢献しているこの活動を応援し続けたい」との声が寄せられている。また、リーダーで4年の森川寛之さんは「野菜は生き物で、つねに目が離せず大変ですが、収穫の喜びや待っている地域の方々の笑顔を励みに取り組んでいます」とのこと。今回、ドレッシングの販売時に新商品開発のためのアンケートを実施。10月には柚子胡椒を販売する予定だという。

記事画像
「たまねぎドレッシング」の玉ねぎは、博多湾のアオサなど有機肥料で育てている

この記事は「螢雪時代(2017年10月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“九州産業大学”の関連記事一覧

特別企画

今月の入試対策

supported by螢雪時代

10月のテーマ
毎月中旬更新

[現役合格へ全力応援!]先輩の合格メソッド大公開

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中