page_top

2023年入試 志望動向&難易変動予測!

  • 入試動向分析
  • [2022/11/1]

《国公立大》国公立大志向は強まるも、共通テスト難化と後期縮小が逆風に!?
《私立大》チャレンジ志向は強まるが、推薦型・総合型人気もあり二極化か?!

2021年共通テスト導入と、2025年「新課程入試」の中間にあたる2023年入試。
「コロナ禍」や国際情勢による経済不安に加え、共通テストの難化も予想されるが、一般選抜の志願者数は、国公立大が約1%減、私立大が約1%増と予測される。
 一見“波静かな”入試だが、チャレンジ志向が強まる一方、「推薦型・総合型人気」も影響、全体に二極化が進みそう。学部系統別では、国立大の「理系拡大」もあって、理・工・農の人気アップ、国際・教員養成の人気低迷など、「文低理高」が続きそうだ。

この記事は『螢雪時代11月臨時増刊』の特集より転載(一部、webでの掲載にあたり、加筆・変更を施した)。


【共通テスト】共通テストの志願者数は2%減少し52万人前後か

 ここでは、高校・予備校の進路指導のベテラン先生方へのアンケートを参考に、さまざまな変動要因を総合し、国公私立大の難易や人気度がどう変わるのか、2023年(以下、23年。他年度も同様)一般選抜の動向を予測する。


蛍雪時代

螢雪時代・12月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

入試データ分析 記事一覧

入試データ分析 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by 螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中