page_top

国公立大&私立大 2022年入試結果&2023年入試速報

  • 入試動向分析
  • [2022/8/2]


共通テスト難化に揺れた、2022年(以下、22年)入試結果データがほぼ出そろった。
ここでは、国公立大、私立大それぞれの一般選抜の結果を最終チェック。
さらに、新増設や科目変更など、23年入試の最新情報も紹介する。

※この記事は『螢雪時代・2022年8月号』の特集より転載。(一部、webでの掲載にあたり、加筆・変更を施した)


全体解説:一般選抜の結果を見ると、国立大後期はやや難化、私立大は全体に倍率低下。理系の資格志向が顕著。



国公立大:
横浜国立大が倍率アップ
大阪公立大はややダウン

 国公立大の22年一般選抜の実施結果を『螢雪時代』編集部で調査したところ、全体の集計では21年に比べ、国立大が「志願者2%増、合格者:前年並み」で、倍率(志願者÷合格者。以下、特に注記のない場合は同じ)は3.4倍→3.5倍(21年→22年。以下同じ)とややアップ。一方、公立大(別日程実施の大学を除く)は「志願者2%減、合格者:前年並み」で、倍率は4.3倍→4.2倍とややダウンした。


蛍雪時代

螢雪時代・12月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

入試データ分析 記事一覧

入試データ分析 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by 螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中