page_top

2021年度 学校推薦型・総合型選抜結果レポート

  • 入試動向分析
  • [2021/5/6]


2021年度から、推薦入試は「学校推薦型選抜」、AO入試は「総合型選抜」となった。
入試改革の目玉の一つであり、2021年“新入試”の前半戦として注目されてきた。
日程や選考方法の変更など、コロナ禍に翻弄された両選抜の実施結果をレポートする。

※この記事は『螢雪時代・2021年5月号』の特集より転載。(一部、webでの掲載にあたり、加筆・変更を施した)


全体解説:
国公立大は実施方式の変化が志願動向に直結。
私立大学校推薦型・総合型は合格者大幅増で易化!?


国公立大:共通テスト免除
総合型は拡大したが倍率低下

 『螢雪時代』では、国公立大の共通テストを課さない(以下、共テ免除)学校推薦型と総合型について、21年度入試結果の調査を行った。20年12月25日現在(調査締切日)の、共テ免除学校推薦型の集計データ(85 校:志願者数=約1万8千人)では、前年比で「志願者2%減、合格者2%増」、倍率(志願者数÷合格者数。以下同じ)は2.3倍→2.2倍とややダウンした。一方、同総合型の集計データ(49 校:志願者数=約6千人)では、前年比で「志願者4%増、合格者16 %増」、倍率は3.3倍→3.0倍とダウンした。


この記事についてご意見・ご感想を編集部にお聞かせください。

性別(必須)

学年(必須)

お住まい(都道府県のみ・必須)

ご意見・ご感想(必須)

※投稿いただいたご意見・ご感想については公表いたしません。
貴重なご意見として編集部内での企画検討の際に参考とさせていただきます。

蛍雪時代

螢雪時代・11月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

入試データ分析 記事一覧

入試データ分析 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中