page_top

2021年度 学校推薦型・総合型選抜結果レポート

  • 入試動向分析
  • [2021/5/6]


2021年度から、推薦入試は「学校推薦型選抜」、AO入試は「総合型選抜」となった。
入試改革の目玉の一つであり、2021年“新入試”の前半戦として注目されてきた。
日程や選考方法の変更など、コロナ禍に翻弄された両選抜の実施結果をレポートする。

※この記事は『螢雪時代・2021年5月号』の特集より転載。(一部、webでの掲載にあたり、加筆・変更を施した)


全体解説:
国公立大は実施方式の変化が志願動向に直結。
私立大学校推薦型・総合型は合格者大幅増で易化!?


国公立大:共通テスト免除
総合型は拡大したが倍率低下

 『螢雪時代』では、国公立大の共通テストを課さない(以下、共テ免除)学校推薦型と総合型について、21年度入試結果の調査を行った。20年12月25日現在(調査締切日)の、共テ免除学校推薦型の集計データ(85 校:志願者数=約1万8千人)では、前年比で「志願者2%減、合格者2%増」、倍率(志願者数÷合格者数。以下同じ)は2.3倍→2.2倍とややダウンした。一方、同総合型の集計データ(49 校:志願者数=約6千人)では、前年比で「志願者4%増、合格者16 %増」、倍率は3.3倍→3.0倍とダウンした。


螢雪時代 【定期購読】のご案内

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

★月刊誌「螢雪時代」は毎号それぞれをご購入いただけますが、年間を通じてご希望の場合は『定期購読』をお勧めいたします。
年間・10か月以上(2023年3月号までの範囲で継続)の購読をお申し込みいただくと、素敵なプレゼントも進呈!

月刊誌「螢雪時代」は大学選びのための大学情報・入試情報と、合格するための学習方法を毎号満載し、志望校合格をめざす受験生を強力にサポートします。
6月3日までの予定で、ステキなプレゼント付きの『定期購読キャンペーン』を実施中です!

入試データ分析 記事一覧

入試データ分析 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by 螢雪時代

6月のテーマ
毎月中旬更新

[共通テスト]新傾向を攻略!得点8割オーバーは可能

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中