page_top

新型コロナウィルスへの対応として、多くの大学で入試の変更が公表されています。
必ず大学ホームページ等、公式の情報もご確認ください。

2020年 私立大入試 志願者動向分析

  • 入試動向分析
  • [2020/5/8]

2020年 私立大入試 志願者動向分析
 【2020年5月】

“超絶安全志向”で難関~中堅上位が軒並み志願者減、ランクダウンが顕著!

 2020年私立大入試について、難関私立大の一般入試を中心に、人気度を示す「志願者動向」と、難易変動の指標となる「実質倍率」を見ていく。また、2021年“新入試”の最新情報も紹介する。

※この記事は『螢雪時代・2020年5月号』の特集より転載。(一部、webでの掲載にあたり、加筆・変更を施した)

・ここ数年の私立大難化への警戒心、公募制推薦の合格者増などが影響。中堅理工系で大幅増が目立つ

・京阪神で合格者増と倍率ダウンが目立つ。龍谷大・近畿大・甲南大が倍率ダウン、九州産業大・西南学院大が倍率アップ

・公募制推薦は合格者が11%増。特に京阪神で16%増、倍率ダウン。近畿大・追手門学院大などが易化か

・2021年の私立大入試はここに注目! 学習院大・上智大が共テを新規利用。関西学院大で理工系4学部が誕生!


ここ数年の私立大難化への警戒心、公募制推薦の合格者増などが影響。中堅理工系で大幅増が目立つ

 2020年私立大一般入試(おもに2月入試)の志願者数は、前年比4%減少した。ここ数年の難化と2021年“新入試”を警戒し、“超絶安全志向”の出願となった。「高レベル・高倍率」のセンター試験利用入試が敬遠され、志願者が激減した。学部系統別では理工、農、芸術・体育を除き軒並み減少、「中堅理工系人気」が高まった。


この記事についてご意見・ご感想を編集部にお聞かせください。

性別(必須)

学年(必須)

お住まい(都道府県のみ・必須)

ご意見・ご感想(必須)

※投稿いただいたご意見・ご感想については公表いたしません。
貴重なご意見として編集部内での企画検討の際に参考とさせていただきます。

蛍雪時代

螢雪時代・11月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

入試データ分析 記事一覧

入試データ分析 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中