page_top

後半戦・準備特集①:2020年の私立大入試はココが変わる!

  • 入試動向分析
  • [2019/8/26]

全体に入試の変更点は少なめ、専修大・日本大などが要注目!

私立大の入試ガイドがほぼ出そろった。“入試改革”が次年度に迫り、「後がない入試」といわれる中、私立大入試(おもに主要校の一般入試)のどこが変わるのか、どのような大学・学部・学科が新設されるかを紹介する。

※この記事は『螢雪時代・2019年9月号』の特集より転載。(一部、webでの掲載にあたり、加筆・変更を施した)

・人気校の変更点を総まとめ!成蹊大・東京経済大などの一般入試で英語外部検定を新規利用

・成蹊大・甲南大で入試前予約型給付奨学金制度を新規導入!

・新設大学・学部・学科をチェック!看護・医療系の増設は昨年より少なめ。建築系や女子大経営系の増設に注目!

・2020年私立大入試 受験のプロはこう見る! 駿台予備学校

人気校の変更点を総まとめ!
成蹊大・東京経済大などの一般入試で英語外部検定を新規利用



全国のおもな私立大の入試変更点で、志望動向に影響しそうなものを一挙に掲載した。「入試改革」を次年度に控え、入試の変更点は前年までに比べて少なめだ。その中で、成蹊大の英語外部検定の新規利用、日本大の同時併願割引制度の拡大、北里大・関西医科大など医学部における科目や募集人員の変更が注目される。


志望校の入試のしくみを把握し、的確でムダのない受験対策を!

 『螢雪時代』編集部では、全国の大学から2020年(以下、20年。他年度も同様)入試の概要(科目・配点、募集人員、日程など)を掲載した「入試ガイド」を集めた。
 私立大入試のしくみは、毎年のように変更される。ここでは、おもに全国各地区で志願者数の比較的多い大学の入試ガイドから、19年に比べ変更され、志望動向に影響しそうなポイントを、独自入試、センター試験(以下、セ試)利用入試を中心に紹介する。
 『螢雪時代』9月号付録『2020年 全国私立大学 入試科目・配点一覧』とあわせ、志望校の入試情報をつかみ、得意科目を最大限に生かせる、効率的な受験対策や併願作戦をたてよう。そして、くわしくは各大学の入試ガイドや募集要項を必ず取り寄せ(またはホームページからダウンロードし)、確認してほしい。

蛍雪時代

螢雪時代・11月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

入試データ分析 記事一覧

入試データ分析 記事一覧に戻る

特別企画

今月の入試対策

supported by螢雪時代

11月のテーマ
毎月中旬更新

[決めよう! 理想の合格パターン]併願&受験校決定

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中