page_top

2019年の私立大入試はこう変わる!

  • 入試動向分析
  • [2018/8/24]

2019年の私立大入試はこう変わる! 【2018年9月】
全体に入試の変更点は少なめ、定員増は前年のほぼ3分の1!

私立大の入試ガイドがほぼ出そろった。インターネット出願の導入や英語外部検定利用など、私立大入試(おもに主要校の一般入試)のどこが変わるのか、どのような大学・学部・学科が新設されるかを紹介する。

※この記事は『螢雪時代・2018年9月号』の特集より一部改変のうえ、転載いたしました。

・人気校の変更点を総まとめ!工学院大・東京電機大・日本女子大の一般入試で英語外部検定を新規利用

・新設大学・学部・学科をチェック!看護・医療、特に看護の増設が目立つ。専門職大学は8校が開設予定

人気校の変更点を総まとめ!
 工学院大・東京電機大・日本女子大の一般入試で英語外部検定を新規利用


全国のおもな私立大の入試変更点で、志望動向に影響しそうなものを一挙に掲載した。2021年の「入試改革」を2年後に控え、入試の変更点は前年までに比べて少なめだ。その中で、英語外部検定を利用する方式の導入が相次いでいる。また、日本医科大・関西医科大など、医学部における変更の多さも注目される。

螢雪時代 【定期購読】のご案内

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

★月刊誌「螢雪時代」は毎号それぞれをご購入いただけますが、年間を通じてご希望の場合は『定期購読』をお勧めいたします。
年間・10か月以上(2020年3月号までの範囲で継続)の購読をお申し込みいただくと、 素敵なプレゼントも進呈!

月刊誌「螢雪時代」は大学選びのための大学情報・入試情報と、合格するための学習方法を毎号満載し、志望校合格をめざす受験生を強力にサポートします。
6月7日までの予定で、ステキなプレゼント付きの『定期購読キャンペーン』を実施中です!

入試データ分析 記事一覧

入試データ分析 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中