page_top

2018年 私立大入試 志願者動向分析

  • 入試動向分析
  • [2018/4/24]

2018年 私立大入試 志願者動向分析
 【2018年5月】

中央大・立教大・関西大など、文系を中心に志願者大幅増!

2018年私立大入試について、難関私立大の一般入試を中心に、人気度を示す「志願者動向」と、難易変動の指標となる「実質倍率」について見ていく。また、2019年入試の最新情報も紹介する。

※この記事は『螢雪時代・2018年5月号』の特集より転載。(一部、webでの掲載にあたり、加筆・変更を施した)

・国立の「文系縮小」、推薦・AOの難化、英語外部検定利用の増加などが影響。

・「定員管理の厳格化」で合格者減。上智大・早稲田大・同志社大や「産近甲龍」が倍率アップで難化か!?

・公募制推薦は、京阪神で志願者増・合格者減が顕著。京都産業大・龍谷大・近畿大が倍率アップ!

・19年の私立大入試はここに注目! 看護・教育・国際系の増設が目立つ。早稲田大‐教育で指定校推薦を導入!


国立の「文系縮小」、推薦・AOの難化、英語外部検定利用の増加などが影響。
“合格者絞り込み”に備え併願増か

 2018年私立大一般入試(おもに2月入試)の志願者数は、前年比7%増加した。定員増に加え、国立大の「文系縮小」や一般入試枠縮小などが私立大に“追い風”となり、推薦・AO入試の難化で一般入試へ再チャレンジ組が押し寄せた模様だ。学部系統別では、経済・文・社会など、文系の全面的な志願者増が目立った。

螢雪時代 【定期購読】のご案内

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

★月刊誌「螢雪時代」は毎号それぞれをご購入いただけますが、年間を通じてご希望の場合は『定期購読』をお勧めいたします。
年間・10か月以上(2020年3月号までの範囲で継続)の購読をお申し込みいただくと、 素敵なプレゼントも進呈!

月刊誌「螢雪時代」は大学選びのための大学情報・入試情報と、合格するための学習方法を毎号満載し、志望校合格をめざす受験生を強力にサポートします。
6月7日までの予定で、ステキなプレゼント付きの『定期購読キャンペーン』を実施中です!

入試データ分析 記事一覧

入試データ分析 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中