page_top

【数学 I・A/II・B】効率対策ガイド

  • [目標は得点8割オーバー!難関大受験生のための]共通テスト直前&本番 効率対策ガイド
  • 河合塾 藤田 貴志 先生
  • [2022/12/16]

河合塾 藤田 貴志 先生

あと30日!効率対策のポイントは?

● ポイント1:最低週1のペースでⅠ・AとⅡ・Bを交互に実戦形式で解く
● ポイント2:毎回弱点の単元を2つに絞り込み、集中的に特訓する
● ポイント3:用語や基礎概念に不安がある場合は教科書で確認する

 制限時間を設け実戦形式のテストに取り組むことで、総合目線と単元目線の両面でさまざまな課題が見えてくる。テストは週1回以上のペースでⅠ・AとⅡ・Bを交互に行うとよい。時間配分や解く際の心構えなど総合目線の課題として気づいたことは毎回書き留めておき、次回以降はそれを確認してから取り組むようにしよう。単元目線としては、残された期間での効率を重視し、テストを行うたびに強化すべき弱点として特に正答率の悪かった単元を2つに絞り込み、他の単元は一旦気にすることなくその2つを集中的に鍛えよう。ただし、用語や基礎概念については、知識に漏れがあると共通テスト、個別試験問わず致命傷になりかねないので、単元によらず随時教科書で確認しておこう。

講師紹介

河合塾 藤田 貴志先生

数学の問題を解く力を「読解、構成、計算、記述」の“4技能”に分けて鍛えることを提唱。「答案採点」と「認識評価」の2観点から自己評価を行う仕組みを構築。『阪大入試予想問題セット』(METIS)を製作。

蛍雪時代

螢雪時代・2月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

[目標は得点8割オーバー!難関大受験生のための]共通テスト直前&本番 効率対策ガイド 記事一覧

記事一覧に戻る

科目別 予想と対策 記事一覧

科目別 予想と対策 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by 螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中