page_top

数学[夏の“To do & How to”完全ガイド]

  • [難関大合格への]夏の“To do & How to”完全ガイド
  • 藤田貴志先生
  • [2021/7/14]

河合塾 藤田貴志先生

数学的読解力、解答方針を立てる力、計算力を鍛え上げ、難関突破の土台固めを!

【To do】最重要課題 1
問題の設定・意味をうまく読み取る力を鍛え上げる

 過去問演習や模擬試験で「解答を見たらわかるのに、自分で解いているときは思いつかなかった」と悩む受験生は多い。「解法がひらめかなかったそのときの自分に問題がある」と考えがちだが、実は得点差がつく問題でも特別なひらめきが要求されていることはほとんどなく、問題文がしっかり読み取れれば、やるべきことがはっきり指示されていることに気づけるものがほとんどである。問題の設定をいかに読み取り、設問の意味をどう解釈するかが勝敗を分けるのである。実戦的な演習の中で問題文を「読み取る方法」を鍛え上げていこう。

講師紹介

河合塾 藤田 貴志先生

数学の問題を解く力を「読解、構成、計算、記述」の“4技能”に分けて鍛えることを提唱。「答案採点」と「認識評価」の2観点から自己評価を行う仕組みを構築。『阪大入試予想問題セット』(METIS)を製作。

蛍雪時代

螢雪時代・7月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

[難関大合格への]夏の“To do & How to”完全ガイド 記事一覧

記事一覧に戻る

科目別 予想と対策 記事一覧

科目別 予想と対策 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by 螢雪時代

7月のテーマ
毎月中旬更新

難関大受験の総合的研究

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中