page_top

倫理、政治・経済[共通テスト 得点8~9割突破への対策法]

  • [難関大志望者のための]“共通テスト”得点8~9割突破への対策法
  • [2021/5/19]

河合塾 栂 明宏 先生

今から鍛える 得点8~9割突破力はこれだ!

● 制度や理論についてのキメ細かい理解に基づく知識力
● 思想家を対比しながら知識を整理し、把握できる力
● 「何に注目すべきか」を素早く的確に判断できる力

 知識の「粗さ」は、得点力の伸びを妨げる要因となる。例えば、「地方自治体の首長は議会の解散権をもつ」と「内閣は衆議院の解散権をもつ」を、類比して学習することは多い。しかし、国政では内閣不信任がなくても解散権を行使できるが、地方自治では不信任が議決されないと解散権を行使できない。この違いまで踏み込んだ選択肢が登場すると、とたんに正答率が落ちる。2021年の共通テストでは踏み込んだ知識事項が少なからず問われているので、キメ細かな知識習得を心がけたい。倫理分野では、思想家相互の対比を意識しよう。例えば、カントもベンサムも重要な学習事項だが、「二人の思想の違いは?」となると答えに窮する人も多い。思想家相互を対比した選択肢はしばしば見られるので、「一人一人の思想家は押さえたが、対比されると自信がもてない」では、8~9割以上の得点を獲得できるはずがない。単元を横断して判断できる力を養っておきたい。また、共通テストでは図表や資料が多く扱われている。そうした設問では、漫然と図表を眺めるのではなく、「図表のどこに注目すればよいのか」を的確に判断することが重要である。そうした判断力、いわば情報処理力も育成していこう。

この記事についてご意見・ご感想を編集部にお聞かせください。

性別(必須)

学年(必須)

お住まい(都道府県のみ・必須)

ご意見・ご感想(必須)

※投稿いただいたご意見・ご感想については公表いたしません。
貴重なご意見として編集部内での企画検討の際に参考とさせていただきます。

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

[難関大志望者のための]“共通テスト”得点8~9割突破への対策法 記事一覧

記事一覧に戻る

科目別 予想と対策 記事一覧

科目別 予想と対策 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中