page_top

日本史B[共通テスト 得点8~9割突破への対策法]

  • [難関大志望者のための]“共通テスト”得点8~9割突破への対策法
  • [2021/5/19]

代々木ゼミナール 個別指導 菅野 祐孝 先生

今から鍛える 得点8~9割突破力はこれだ!

● 時代精神や因果関係を含めた歴史の流れに対する理解力
● 事件・人物などの歴史用語や年代を確実に覚える記憶力
● 絵図や写真などの図版から当時の状況を読み解く読図力

 受験の日本史における基礎力とは、年代を基軸とする時代の流れに対する理解力と、事項名・人名などさまざまな歴史用語を覚え込む記憶力にある。一方、共通テストでは、授業や教科書・史料集・図版集などで学んだ知識を活用しながら、多角的視野に立って理解する力が求められる。とはいえ、共通テストで試される判断力・思考力・類推力などは、基礎的知識がないと成立し得ない。したがって、教科書学習を進めながら各時代の要点を整理し、問題演習で記憶力と理解力を確認していきたい。その積み重ねが共通テストはもとより、難関大突破のカギとなる。しかし、教科書学習も太字で書かれている用語の暗記や一問一答的な学習に終始していては、得点8~9割突破は困難。難関大合格にはスピード感とキメ細やかさを両立した学習が不可欠だ。1学期に江戸時代末期までを仕上げ、夏休みには文化史を完成させること。通史は歴史の流れや因果関係に重点を置きながら、政治・経済・外交の要点をサブノートに整理しよう。教科書は太字の歴史用語にとらわれず、本文全体を咀嚼し、欄外の注や図版の説明まで文字通り隅から隅まで目を通し、さらに“用語集”を活用するクセをつけることが大切だ。

この記事についてご意見・ご感想を編集部にお聞かせください。

性別(必須)

学年(必須)

お住まい(都道府県のみ・必須)

ご意見・ご感想(必須)

※投稿いただいたご意見・ご感想については公表いたしません。
貴重なご意見として編集部内での企画検討の際に参考とさせていただきます。

蛍雪時代

螢雪時代・8月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

[難関大志望者のための]“共通テスト”得点8~9割突破への対策法 記事一覧

記事一覧に戻る

科目別 予想と対策 記事一覧

科目別 予想と対策 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中