page_top

新型コロナウィルスへの対応として、多くの大学で入試の変更が公表されています。
必ず大学ホームページ等、公式の情報もご確認ください。

【地理B】2021年 共通テスト 出題予想&対策

  • [2021年 共通テスト主要15科目別]出題予想&対策
  • 河合塾 ●佐藤 裕治 先生
  • [2020/11/13]

2021年共通テスト「地理B」はこうなる!

《予想》自然環境の地域的特徴、地域による成因の違いなどを考察させる

《予想》各種資料を提示して課題の発見とその解決方法を問う問題

《予想》「地域調査」の資料を判読させて地域の課題と将来像を考察させる


図表や会話文を多用し思考力を試す問題なる

 2回の試行調査では、大問は5題、マーク数は30 ~ 32 で、図表や会話文などを用い、単なる知識ではなく資料の判読力や思考力を試しているため、問題数はセンター試験よりはやや少なくなるだろう。基本的知識だけでなく、それを応用する力が必要で難易度はやや高くなると思われるが、これまでのセンター試験の地理Bとそれほどの違和感はなく、出題分野も自然環境、資源と産業、人口・都市と生活文化、地誌、地域調査で大問が構成されると予想される。

講師紹介

河合塾 佐藤 裕治先生

東京大学大学院理学系研究科修了。河合塾で長年にわたり、授業、模試作成、入試問題の分析に携わる。著書:『地理から見えてくる「日本」のすがた』(中経出版)、『地図と地名による地理攻略』(河合出版)など。

この記事についてご意見・ご感想を編集部にお聞かせください。

性別(必須)

学年(必須)

お住まい(都道府県のみ・必須)

ご意見・ご感想(必須)

※投稿いただいたご意見・ご感想については公表いたしません。
貴重なご意見として編集部内での企画検討の際に参考とさせていただきます。

蛍雪時代

螢雪時代・12月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

[2021年 共通テスト主要15科目別]出題予想&対策 記事一覧

記事一覧に戻る

科目別 予想と対策 記事一覧

科目別 予想と対策 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

12月のテーマ
毎月中旬更新

“大学入学共通テスト+2次・個別試験”合格ラインの超え方

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中