page_top

新型コロナウィルスの影響により、オープンキャンパス等、学校の予定が変更になる可能性があります。
必ず大学ホームページ等、公式の情報を事前にご確認ください。

新入試を制する“基礎力&思考力”はこれだ!:【生物】

  • 2021年の新入試を制する“基礎力&思考力”はこれだ!
  • [2020/5/18]

駿台予備学校 大森 徹先生


新入試を制する学力1:基礎力

 さまざまな現象の理解を深め、
 自分で説明できる力を養う


 まず、用語を暗記することが基礎力ではないことを意識しよう。共通テストでは、用語を単純に直接問うような設問はほとんどない。しかし、用語を覚える必要がないというわけではない。「光合成速度―呼吸速度を何というか?」の答えは見かけの光合成速度、「見かけの光合成速度がゼロになるときの光の強さを何というか?」の答えは光補償点だが、このような出題はない。もちろん光補償点や見かけの光合成速度という用語を知らなければ問題を解くことはできないが、「見かけの光合成速度」や「光補償点」という用語を暗記することが重要なのではない。重要なのは、それらが何を意味し、どのような場面で登場し、それらをどのように使えばよいのか、ということについて理解し、習熟しておくことである。これが基礎力なのである。


成功する基礎力養成のポイント

●口に出してストーリーを描きながらマスターする
●他の単元とのつながりや関連をつかみながら学習する
●常にアウトプットを意識した学習姿勢が重要



生物の最重要“基礎力”はこれだ!

いろいろな用語や現象をきちんと説明できる力


この記事についてご意見・ご感想を編集部にお聞かせください。

性別(必須)

学年(必須)

お住まい(都道府県のみ・必須)

ご意見・ご感想(必須)

※投稿いただいたご意見・ご感想については公表いたしません。
貴重なご意見として編集部内での企画検討の際に参考とさせていただきます。

螢雪時代 【定期購読】のご案内

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

★月刊誌「螢雪時代」は毎号それぞれをご購入いただけますが、年間を通じてご希望の場合は『定期購読』をお勧めいたします。
年間・10か月以上(2021年3月号までの範囲で継続)の購読をお申し込みいただくと、素敵なプレゼントも進呈!

月刊誌「螢雪時代」は大学選びのための大学情報・入試情報と、合格するための学習方法を毎号満載し、志望校合格をめざす受験生を強力にサポートします。
6月5日までの予定で、ステキなプレゼント付きの『定期購読キャンペーン』を実施中です!

2021年の新入試を制する“基礎力&思考力”はこれだ! 記事一覧

記事一覧に戻る

科目別 予想と対策 記事一覧

科目別 予想と対策 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中