page_top

新型コロナウィルスへの対応として、多くの大学で入試の変更が公表されています。
必ず大学ホームページ等、公式の情報もご確認ください。

[共通テスト]“出題&対策”徹底研究【数学I・A/II・B】

  • [9か月後に高得点GET!]共通テスト“出題&対策”徹底研究
  • [2020/4/23]

河合塾 大竹 真一先生


共通テスト「数学 Ⅰ・A」はこんな問題!

 ■答えを計算するだけでなく、解法や発想への理解を問う
 ■マーク式でも出題形式や題材により記述式並みの内容に
 ■問題文の読解力・分析力・判断力が必要な問題も出る

 数学の入学試験といえば、「数学の基本的な役割を理解し、実際にそれを利用して計算を進め、問題を解決する力を問うもの」というのが一般的なイメージだろう。実際、センター試験もそのような線上にあったと言える。

 共通テストは、それに加えて、これまでに問われなかったような思考力をも測ろうとする問題となっている。思考力を学力の重要な一部ととらえ、単に問題を解決するだけでなく、その過程(=どのように考えて解いたのか・解けたのか)にまで考察を深めるのだ。そこでは、問題とその解決過程を深く理解することを要求し、それができるような資質が問われている。

 ある問題では、問題を考える過程を「太郎さんと花子さんの会話」という形とし、論理的にあるいは発展的に問題・解答に関して考察し、検討させるようにしている。マーク式ではなじまないと思われてきた証明問題もその構想を考察するという観点から出題されるだろう。

 こうした問題に対応するには、数学における基本的な概念や定義・定理を暗記するだけではなく、十分に理解することが大切だ。ときには、いくつかの条件の関係を考えながら、解答した過程を振り返って考えてみなければならない。特に集合と論証、図形の証明、確率、データの分析などに、このような傾向は色濃く見られる。


センター試験⇒共通テスト ここが変わる&変わらない!


この記事についてご意見・ご感想を編集部にお聞かせください。

性別(必須)

学年(必須)

お住まい(都道府県のみ・必須)

ご意見・ご感想(必須)

※投稿いただいたご意見・ご感想については公表いたしません。
貴重なご意見として編集部内での企画検討の際に参考とさせていただきます。

蛍雪時代

螢雪時代・12月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

[9か月後に高得点GET!]共通テスト“出題&対策”徹底研究 記事一覧

記事一覧に戻る

科目別 予想と対策 記事一覧

科目別 予想と対策 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

12月のテーマ
毎月中旬更新

“大学入学共通テスト+2次・個別試験”合格ラインの超え方

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中