page_top

新型コロナウィルスの影響により、オープンキャンパス等、学校の予定が変更になる可能性があります。
必ず大学ホームページ等、公式の情報を事前にご確認ください。

2020年センター試験【英語】:ズバリ出題予想&対策

  • [主要15科目別] 2020年センター試験・ズバリ出題予想&対策
  • 東邦大学付属東邦中学校・高等学校 ●佐々木 欣也先生
  • [2019/11/14]

2020年センター試験「英語」はこうなる!

《予想》第2問の文法・語法問題の難化傾向は続く

《予想》第5問のストーリー読解問題の難易度は2018年並みになる

《予想》難易度は全体的にやや難化し総語彙数はやや増加する

総語彙数はやや増加し、難易度はやや難化の予想

 2019年のセンター試験は、総語彙数が4221語となり、2018年より96語減少した。依然として大量の英文を読み、設問を処理することが求められている。第1問と第2問は、発音・語彙・文法等の基礎力を試す問題で、配点は全体の約30%である。第3問から第6問は、ディスカッション、広告文、説明文などの読解問題で、配点の割合が約70%あり、2020年も読解重視の傾向は変わらないだろう。2016年の平均点が112.4点で、ここ10年で最低値だった反動からか、2017年~2019年は易化し、平均点は3年連続で約123点となっている。このことから、2020年はやや難化して120点前後になると思われる。

大問別出題予想&対策

第1問 発音・アクセント

予想:出題形式、難易度はともに変更はない


講師紹介

東邦大学付属東邦中学校・高等学校 佐々木 欣也先生

「英語は口を動かす実技科目だ」をモットーに、「音読」を最重要視し、熱い授業を展開中。著書に『7日間完成! はじめての4技能まるごとトレーニング』(旺文社)などがある。

螢雪時代 【定期購読】のご案内

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

★月刊誌「螢雪時代」は毎号それぞれをご購入いただけますが、年間を通じてご希望の場合は『定期購読』をお勧めいたします。
年間・10か月以上(2021年3月号までの範囲で継続)の購読をお申し込みいただくと、素敵なプレゼントも進呈!

月刊誌「螢雪時代」は大学選びのための大学情報・入試情報と、合格するための学習方法を毎号満載し、志望校合格をめざす受験生を強力にサポートします。
6月5日までの予定で、ステキなプレゼント付きの『定期購読キャンペーン』を実施中です!

[主要15科目別] 2020年センター試験・ズバリ出題予想&対策 記事一覧

記事一覧に戻る

科目別 予想と対策 記事一覧

科目別 予想と対策 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中