page_top

[夏休み“Must-Do”リスト]【政治・経済】:正確な理解が特に求められる経済理論・人権分野に取り組む

  • [主要13科目別] 夏休みの“Must-Do”リストはこれだ!
  • 河合塾 ●日髙昌武 先生
  • [2019/7/22]

夏休みの必須学習内容

経済理論を習得する

所要時間:40分×12日
使用アイテム:教科書/参考書

金融政策や外国為替市場などの経済理論を正確に理解する

 政治・経済を何の見通しもなく丸暗記学習で進めていくと、経済分野で挫折する可能性が高い。経済分野の入試問題では、たとえばプラザ合意の成立が1985年だという年号の知識を問うものだけでなく、プラザ合意の影響による円高の進行でなぜ日本の輸出産業が打撃を受けるのか、あるいはそうした円高による不況の対策として、なぜ日銀が低金利政策をとったのかなど、その「仕組み」や「理由」が問われやすい。こうした出題への対応には、金融政策や外国為替市場など、経済理論への正確な理解が必要である。市場機構や財政政策などの経済理論について、単に結論を覚えるのではなく、教科書や参考書の中の「仕組み」や「理由」について書かれている箇所には特に着目して、「なぜその結論になるのか」を理解する学習を進めたい。


人権の内容を理解する

所要時間:20分×12日
使用アイテム:教科書/参考書/資料集


蛍雪時代

螢雪時代・7月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

[主要13科目別] 夏休みの“Must-Do”リストはこれだ! 記事一覧

記事一覧に戻る

科目別 予想と対策 記事一覧

科目別 予想と対策 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中