page_top

[受験勉強]完全ガイド【生物】:全範囲を先取りで演習し、解析力・考察力を養成する

  • 《科目別》難関大突破への[受験勉強] 完全ガイド!
  • 代々木ゼミナール ●大町 尚史先生
  • [2019/3/14]

難関大現役合格!
成否を分けるポイントはここ!

●スケジュール

【1】1学期中に全試験範囲を復習、または先どり学習する
【2】夏休み以降、計算を含め、定石問題の解法を習得する
【3】未加工の入試問題の演習を秋からスタートさせる


●勉強方法

【1】2冊の教科書を読み込み、全範囲の要点を頭に入れる
【2】計算や図表解析問題を含む定石的な演習書を活用する
【3】「パスナビ」(旺文社)の過去問一覧をフル活用する


 「生物」の受験生は多くの知識を習得する必要がある。そして知識を前提として、リード文読解能力や図表解析力・計算力が問われる。加えて、近年の研究論文を題材とする問題も出題される。こうした受験の現実に対応するため、まず夏休み前に全範囲を学ぼう。お勧めの教材はズバリ教科書だ。内容がとても充実している。ただし、出版社によって記載のない事項があるため、2社分を活用するとよい。これらを読み込み、生命現象の流れや重要な生物学的概念・法則、実験技法などを習得しよう。そして、夏休みからは定石問題の演習に入る。分野ごとに学ぶと、後半の生態分野に入る頃には、はじめの細胞分野を忘れてしまっていることが多い。そこで一度の演習で、細胞・遺伝子・生態などから1題ずつ解くなどの工夫をしよう。

 2学期になったら、入試問題をどんどん演習する。定石問題集では、長いリード文や分野にまたがる


蛍雪時代

螢雪時代・11月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

《科目別》難関大突破への[受験勉強] 完全ガイド! 記事一覧

記事一覧に戻る

科目別 予想と対策 記事一覧

科目別 予想と対策 記事一覧に戻る

特別企画

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中