page_top

[この夏にJUMP UP!] 【数学】「公式・定理」が入試問題の中で使えるような学習を徹底しよう!

  • [この夏にJUMP UP!] 13科目別 夏休み最重要プラン
  • 昭和女子大学現代教育研究所 佐々木 隆宏先生
  • [2018/7/17]

重要度★★★★★
「公式・定理」の学習

「公式・定理」は目的と意義を書き出して使えるようにする

 公式・定理は覚えて当てはめればよいという考え方では、数学の入試問題は解けない。すべてとは言わないが、「公式・定理の成り立ちを理解して、どのような場合に使うのか、何のために使うのか、それを使うとどんないいことがあるのか」をノートに書き出しながら公式・定理の意味づけを行うことが大切だ。例えば、「sinをcosに変えたいときに使う公式」である三角比における「余角の公式」は、どのような場合に使うか本当に理解しているだろうか?さらに、その公式を使うとどのようなよいことがあるのだろうか? これらのことにきちんと答えられないと、入試問題を解く場合に使える知識とはいえないのである。公式・定理を使うたびに目的や意義をノートに書き出しておきたい。


重要度★★★★ -
レベル別の問題演習

問題集は得意分野用と苦手分野用の2種類を用意する


蛍雪時代

螢雪時代・7月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

[この夏にJUMP UP!] 13科目別 夏休み最重要プラン 記事一覧

記事一覧に戻る

科目別 予想と対策 記事一覧

科目別 予想と対策 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中