page_top

[苦手解消講座]【世界史】歴史の流れを押さえ、記録して記憶する学習で苦手を克服しよう

  • 《その勉強法で大丈夫?》早期発見で失敗しない! 苦手解消講座
  • 「螢雪時代」アドバイザー ●岩田 一彦先生
  • [2018/6/22]

 受験を意識すると教科書の太字を覚えようと思いがちになるが、歴史の流れが理解できていない暗記偏重の勉強は、消化不良を起こす危険性がある。また学習を先延ばしした分野を放置したままだと、次の学習が行き詰まり、苦手意識が増幅される要因にもなる。夏休み前のこの時期は、まず、暗記はあとに回し、世界史の大きな流れを押さえよう。全体像をつかんだうえで再学習し、各時代の重要な出来事の因果関係をいろいろな角度から考え、関連する「いつ・どこ・だれ」を確認しながらノートにまとめよう。流れに沿って年代や用語がスムーズに記憶でき、機械的な暗記から抜け出せる。一つの単元が終わった段階で欠かせないのが、基礎問題の演習だ。戸惑うようなら理解や知識の不足と判断できる。教科書やノートに戻って学習し直し、苦手分野を作らないことが大切。単元ごとの学習と問題演習を積み重ねて基礎力を固めよう。

オススメ勉強法 VS NG 勉強法

これは×(バツ)!NG 勉強法

× これまでの教材を受験用に取り替え、心機一転を図る


蛍雪時代

螢雪時代・11月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

《その勉強法で大丈夫?》早期発見で失敗しない! 苦手解消講座 記事一覧

記事一覧に戻る

科目別 予想と対策 記事一覧

科目別 予想と対策 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中