page_top

[苦手解消講座]【日本史】文化史&近現代史を得意分野に切り替えて、得点源としよう

  • 《その勉強法で大丈夫?》早期発見で失敗しない! 苦手解消講座
  • 代々木ゼミナール個別指導 ●菅野 祐孝先生
  • [2018/6/22]

 日本史を苦手とする人には2つのタイプがある。「科目そのものが苦手」という人と、日本史は好きだが、「文化史と近現代史が苦手」という人だ。前者の場合は「何が苦手なのか?」もあいまいで、単に「覚えるのが苦手」という理由で毛嫌いしている人が多い。こういうタイプの人は、歴史モノで具体的な解説がついているTV番組など、メディアの力を借りるのも一興である。後者の場合は、勉強の仕方を一つ変えることで苦手分野がみるみる得意分野になり、それが試験での大きな得点源になることも多いので、方法論を変えてみるのも大きなステップとなる。特に夏休みには文化史のサブノートを完成させよう。2学期になると近現代史のサブノート作成、問題演習、論述対策、過去問研究など勉強量もかなり増えるので、せめて文化史だけでも夏休み中に仕上げれば、精神的な負担もだいぶ軽減されること請け合いである。

オススメ勉強法 VS NG 勉強法

これは×(バツ)!NG 勉強法

× 基礎も出来ていないのに、志望校の過去問を解く


蛍雪時代

螢雪時代・8月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

《その勉強法で大丈夫?》早期発見で失敗しない! 苦手解消講座 記事一覧

記事一覧に戻る

科目別 予想と対策 記事一覧

科目別 予想と対策 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中